COMPANY PROFILE / About the Patent 会社概要/特許について

特許について

取得済み特許

特許第5344309号/特許第5344311号/特許第5584515号/特許第5679708号

  1. 扉に傷付けず、現状の鍵ケースを利用して電気錠にする構造。
  2. 既存サムターンに代わる金具を取付けることにより、屋外側リーダー部と室内側制御部を両面テープなどを使用せず、扉に固定できる構造。これにより、回転軸の中心で確実に鍵を回せる。
  3. 電気錠の消耗部分であるモーターとギアだけを個別に収納した駆動ユニットを有し、IC の登録や履歴データ、カレンダー機能を有する制御ユニットと分離させることにより、消耗部分が劣化した時の交換が容易にできる構造。
  4. 駆動部の回転軸を中心からずらし、180度回転させても設置可能にしたことにより、バックセット38mm~76mm以上の鍵まで設置できる。
  5. 制御ユニットに照合プログラムを有し、開錠履歴をICで開錠したのか、暗証番号で開錠したのか、手動で開錠したのかの開錠手段まで履歴に反映できる一体型電気錠。

申請中特許

特許申請中の新パスワード発行システムは、時間軸と使用回数軸をルーズに融合させ たパスワード発行システムです。
当社が従来より採用している「機器が自ら考えてパスワードを生成するシステム」にこの新パスワードシステムを加えることにより、パスワード認証による入室制限が必要な場所で、入室期限の延長や時間変更が容易にでき、曜日や時間の制限もかけることができます。
また、使用される毎に書き込まれるログのメモリ領域を二層に分けることにより、ワンタイムパスワードがワンタイムパスワードではなくなる、つまり、次の正しいパスワードが入力されるまで、一度使用したワンタイムパスワードを使い続けることも可能になります。

CONTACT お問い合わせ

システムが適合するかの確認も承っております。
お気軽にお問い合わせください。

052-878-7811

土・日・祝日を除く午前9時から午後6時まで受け付けております。

FAX. 052-878-3877